×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

液晶モニター保護パネル MPP-1000

 コニカミノルタα7DIGITALの液晶モニター保護パネルMPP1000の改良

MORIMORI カメラ写真の部屋へ戻る


これコニカミノルタの設計ミスだよね・・たぶん・・ 液晶モニター保護パネル MPP-1000


ALFA7−DIGITAL MPP−1000 コニカミノルタ製デジタル一眼レフカメラα7DIGITALのLCD(液晶)モニターの前に付ける保護用の樹脂製(ポリカーボ製?)プロテクターがあり、その固定方法がなんとも安易でして、まるで後から取って付けたような作り、こりゃぁ外れてどこかに落としてしまいそうだな〜と購入時思っていたのですが・・
案の定、先日ふとカメラを見たら付いてなかった・・どこで落としたやら(TT)

 ネットとかでも落としてなくしたという情報を目にしますし、あの容易に外れやすい固定方法はあきらかに設計ミスだと思う。

 コニカミノルタはカメラ事業から撤退してしまいましたが、後を引き継いだSonyのサイトで見るとSonyで今はパーツを供給しているようです。
というか・・これはコンスタントに需要があるだろうし、おそらく供給し続けるだろう・・・それが引き継いだメーカーとしての責務だと。

http://support.d-imaging.sony.co.jp/www/konicaminolta/repair_service/accy/index.html

液晶モニター保護パネル MPP-1000 税抜き800円(ソニー補修部品コード:U3900036U )
早速電話(0120-162-414)にて注文。

1枚を予備として2枚注文するつもりでいたら、一人1枚迄ですって・・予想を上まる受注、売れ筋商品??で品薄なのか、ヤフオク(ヤフーオークション)等での転売防止か何かわかりませんが・・
せめて予備分含め2枚位は一度の注文で受けても良いのでは?と・・ 思うのですが・・。 アウトソーシングコールセンターのお姉ちゃんに文句を言っても始まらないのであきらめる。

代引き手数料(私の地方だと770円)プラスで結局 一枚 1,964円であった。(納期1W程度でした)

α7DのMPP-1000が容易に外れる原因は下部の出っ張り部分にありそうだ。


MPP-1000改良作業図  デジタルカメラをストラップで首や、肩にかけた時、図のこの角部分が、衣類等に引っかかり、MPP-1000が容易に外れてしまうものと推測される。
 対策として、サンドペーパーでこの部分のR(アール)をとる方法を試みた。
 指等でいろんな方向から力を加え改良後のチェクを行ってみたがRを取るだけで非常に良好です。
作業時間はわずか5分程度、作業時には他の部分に傷がつかないよう削る部分以外はガムテープ等で保護しましょう。

Sonyさん> 
 今更、金型の変更無理でしょうかね・・。
 後加工でも良いから対策して欲しいです〜。







あんなちっぽけな樹脂一枚如きに代引き手数料込みで1,964円もかかったと思うと少し悔しい気もするが、まあ、これもこの時期に及んであえてミノルタを買ったのは自分だし・・ α7デジタルにはそれに勝る満足感と、こだわりがあるし・・・と、自分自身を納得させるのであった(笑)

関連記事 当サイト内ブログ 「デジタル一眼レフカメラ購入」 α7Dサンプル画像(原画)

-KONICA MINOLTA α7DIGIAL 液晶モニター保護パネルMPP-1000の改良-


2006/6


Copyright © 2006 MORIMORI All Rights Reserved.

MORIMORIカメラ写真の部屋へ戻る

MORIMORI